ホームサイトマップRSSお問い合わせ

ADHD自己診断テスト

以下の項目から6ヶ月以上に亘り日常生活に支障をきたしているもの全てにチェックをし、自己診断ボタンを押してください。(ただし、発達の水準に相応しないレベルである事)

不注意
A
多動性
B
衝動性
C

結果

ADHDの可能性はほとんどありません

ADHDの基準には達していませんが、高めのポイントです

ADHDの可能性が高いです

診断基準:
Aから6つ以上の項目が該当する。
または、B・Cから合わせて6つ以上の項目が該当する。

ここでの自己診断はあくまでも目安です。
正確な診断は病院で行ってください。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ