ホームサイトマップRSSお問い合わせ

暴力の原因の秘密

ハロウィーンの季節です。 子供たちはこの夜以降何週間も多量の砂糖菓子を食べ続けます。
子供が甘いものを食べた後暴れまわることに気づく親は大勢いると思います。
ハロウィーンだけではなく普段から子供にどれだけ甘いものを食べることを許すかを考え直さねばならない理由がここにあります。
イギリス精神科ジャーナル (British Journal of Psychiatry)の最近の研究によると毎日甘いものを食べて育った子供は成人になり暴力的になりやすい傾向にあります。

17,500人以上を対象にして行われた調査によると10歳で毎日キャンディやチョコレートを食べた子供は34歳になるまでに暴力事件を起こしている確立が高いことがわかりました。
暴力的な成人を調べてみると69%が子供時分に毎日砂糖菓子やチョコレートを食べていました。 非暴力的な人の42%の人が子供時分にお菓子を毎日食べていました。
砂糖菓子と暴力の関連は他の環境因子を考慮に入れても成り立ちます。
研究者は毎日菓子を食べる子供は衝動を抑制するキーファクターである、待った後にもらえる喜びを知らないからだと仮定しました。
別の研究による、待つことの喜びを知る幼稚園生は成績が良く、ストレスやフラストレーションにも耐えやすく、成長しても社会性や知性が高いことを考えると、この仮設は正しいように思えます。

高名な心理学教授であり研究者でもある ウォルターミッシェルとその有名な実験「マシュマロテスト」に感謝しましょう。
ユーチューブYouTubeで見ることができ、これらのことについて得るところがあります。
この新しい研究は、私たちに子供に与える食べ物は彼らの肉体的健康だけではなく精神的健康にも直接的影響を与えるということを再認識させてくれます。
小さいころに脳によい食生活を送ることを教えると一生そのよい習慣を続けていくことができます。
早い時期に教えたものは好みになりやすいです。
だから今子供に食べさせるものがこれからの彼らの食べ物の好みに影響を与えます。
このハロウィーンの時期、ジャンクフードを避けることをお勧めします。
親は子供にキャンディを食べさせないと悪いことをしているように思いますが、子供のジャンクフードを食べる権利を保障する憲法はありません。
今年のハロウィーンはお菓子でなく、ドライフルーツや、ハロウィーンのシールやクモの指輪を与えることにしましょう。
ダニエル・エーメン

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ