ホームサイトマップRSSお問い合わせ

食事の改善

心と身体が正常に発達し、機能するために必要な栄養素があります。
英語で “You are what you eat” という言葉があります。
これは直訳すると「あなたは、あなたの食べるものです。」という意味です。
あなたの全てはあなたの食べるものに影響されるということです。
あなたの身体を構成する全ての分子、細胞、そしてあなたの考えること、感じることすら、全てがあなたの食べるものによって決定されるということです。
何を食べるかはとても大事なことです。
そして発達障害児には食事の重要度はさらに増します。
良い食事を取りましょう。
私たちに必要な栄養素は、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、アミノ酸などです。
野菜、果物、そしてタンパク質の豊富なバランスの良い食事が大切です。
毎日少なくとも1-2種類のタンパク質を摂りましょう。
(肉、卵、ナッツ、豆など)
砂糖は良くありません。
やめるのがベストですが、できなければできるだけ減らしましょう。
ジャンクフードを避けましょう。
(クッキー、ポテトチップスなど)
揚げ物はやめるか、できるだけ減らしましょう。
着色料、人口甘味料、保存料を避けましょう。
できれば野菜は有機野菜にしましょう。
そうでなければよく洗ってから食べましょう。

  • 野菜と果物には心身の健康を維持する、ビタミン、ミネラルと植物性栄養素が含まれます。
  • タンパク質は体の構成や神経伝達物質に必要なアミノ酸をつくります。
  • 砂糖の摂取を減らすことは、苛立ちと集中を困難にする血糖値の急激な変化を防ぎます。
  • 人口着色料と甘味料は神経過敏な人を苛立たせ、行動問題の原因になります。
  • 農薬はしばし毒性な金属を含み自閉症の原因になる可能性があります。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ