ホームサイトマップRSSお問い合わせ

メラトニン

多くの発達障害の子供と大人は、寝付けない、悪夢を見る、夢遊病、早く目覚めるとかの睡眠問題を抱えています。
これらの睡眠問題も腸の問題が大きく関係していて、腸の問題が解決すると良くなることが多いです。
しかしもし腸の問題が治っても、睡眠問題が続くようならメラトニンを摂取すると良くなることがあります。メラトニンは睡眠を制御するホルモンです。
神経伝達物質のセロトニンから作られます。
セロトニンが少ないと、メラトニンが十分に作られません。

検査方法: 試してみるのが最良のテストです。

対策: メラトニンは光に当たると減少します。
小さなナイトスタンドの光にも影響を受けます。
真っ暗にして寝てみましょう。
入眠の問題は決まった時間に寝ることから始めましょう。
お風呂に入り、歯を磨き、物語を聞かせるというような習慣を作りましょう。
夜間のカフェインと糖分の摂取を避けましょう。
それでも睡眠問題が解決しないときは1mgの(子供は半分)メラトニンから始め必要に応じ、2-5に増やしましょう。
もし夜中に起きるようなら、量を増やすのではなく、時間差で効果の出るものを試しましょう。2mgの遅延タイプの方が、5mgを一度に摂取するより効果的です。

安全性: メラトニンは非常に安全です。大量摂取しても問題はないようです。
動物実験では長期のメラトニン服用で、おそらくその酸化防止力のせいで、寿命が20%延びたこともあります。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ