ホームサイトマップRSSお問い合わせ

発達障害を治すのは簡単なことではありません。

発達障害を治すのは簡単なことではありません。
それは長い道のりです。
どうしても治すという強い意志と延々と続ける忍耐が必要です。
ここに挙げた方法の一つ一つは小さな変化しか起こさないかもしれません。
しかしその小さな変化の積み重ねがニューロフィードバックと併用することで、大きな変化をもたらします。
それぞれの方法は科学的に証明されたものではありません。
しかし臨床的に多くの人が恩恵を受け、良くなった方法ばかりです。

食事の改善
心と体が正常に発達し、機能するために必要な栄養素があります。
発達障害の症状を改善するため、正しい食生活をすることは最低条件になります。
必要な栄養素を効果的に摂取し、ジャンクフードを避けましょう。

食物アレルギー
ほとんどの発達障害の子供は食物アレルギーをもっています。
自分のアレルギーを起こす原因のアレルゲンを見付け、それを避けることで発達障害の症状を改善しましょう。

グルテン、カゼイン無しの食事
グルテンとカゼインは発達障害者のアレルゲンであることが多く、それらを食事から除くことで症状の改善が見られることが多いです。試してみましょう。

ビタミン・ミネラルのサプリメント
食事ではどうしても不足しがちのビタミン、ミネラルはサプリメントで補いましょう。
しっかりした規制がないので、信頼のできるサプリメントを選ぶことが大切です。

ビタミンB6とマグネシウムの高摂取
ビタミンB6とマグネシウムを多量に摂取すると、発達障害の症状の改善がすることがあります。試す価値があります。

必須脂肪酸
小魚やフィッシュオイル、肝油で体に必要な脂肪酸を摂取しましょう。
発達障害に良い影響を与えます。

消化酵素
発達障害児にはある種の消化酵素が不足したり、働きが正常でないことがあります。
消化酵素を摂取することでその問題を解決できます。

腸の治療:抗菌とプロバイオティクス
発達障害児は抗生物質の服用などの結果、腸内環境が良くないとこが多いです。
抗菌薬とプロバイオティクスの使用で、腸内環境を改善し、症状を緩和しましょう。

アミノ酸
発達障害のあるものは貧しい食生活と、タンパク質を消化しアミノ酸に変える能力不足で、アミノ酸不足の問題を抱えています。タンパク質の豊富な食事、タンパク質の消化酵素、アミノ酸のサプリメントを摂取するなどで解決しましょう。

メラトニン
メラトニンは安全性が高いので、発達障害に多い睡眠問題の解決に役立ちます。

甲状腺用のサプリメント
発達障害者には甲状腺の問題を抱えるものが多いので、サプリメントで対応しましょう。

硫酸塩
自閉症児には硫酸塩が不足していることがあります。
MSM(メチルサルフォニルメタン)を服用するか、エプソム塩入浴をしましょう。

グルタシオン療法
グルタチオンが発達障害の子供には不足していることが多いです。
ビタミンCの服用などで対応しましょう。

キレート療法
発達障害の症状は有害金属を排出すると良くなることがあります。
キレート療法はそのための手段です。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ