ホームサイトマップRSSお問い合わせ

アイスクリームがあなたの脳をコントロールする

一口か二口だけと自分に言い聞かせたのに気づくとアイスクリームを全部食べていたという経験はありませんか? 
そんなことがあると自分には食べ物へのコントロールがないように感じるかもしれません。 
しかしそれは事実であるのかもしれないのです。
最近の研究によるとアイスクリームが脳をコントロールできるのです。
ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(The Journal of Clinical Investigation)の興味深い研究によると、アイスクリーム、ハンバーガー、チーズに含まれるある種の脂肪が脳をハイジャックし、最長3日間まで、適量を超え食べるように指令を出すように仕向けるそうです。 
脳はレプチンやインシュリンなどの食欲ホルモンからの「もう食べるのを止めろ」という指示を無視しろというメッセージを送ります。
ダラスのUTサウスウエスタン・メディカルセンターの研究者がパルミティック(palmitic)と呼ばれる脳のケミストリーをすばやく変化させ、過食させる特定の脂肪を見つけました。 
その脂肪はバター、ミルク、チーズ、牛肉に含まれます。 
その存在が私たちが、ハンバーガー、ピザやアイスクリームを食べ過ぎてしまうことの説明になります。

ダニエル・エーメン

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ