ホームサイトマップRSSお問い合わせ

ビタミン・ミネラルのサプリメント

ビタミンと必須ミネラルが不足すると重大な病気を引き起こすとか、死に至らしめることがあります。
RDAという目安があります。
これは米国食品医薬品局(FDA)により消費を推薦された ビタミンとミネラルの量です。
しかしこれは病気にならないために必要な最低限の量で、心と体を最高に健康な状態に維持するものではありません。
しかしほとんどの人はそのRDAすら満足に摂取していません。
例えば、多くの女性はカルシウムと鉄分不足です。(骨粗鬆症、貧血の原因)

対策

ビタミンとミネラルは野菜、果物、肉、その他より摂取できます。
しかし普通の食生活では大事なビタミンとミネラルが不足することがあります。
そこでジュースとサプリメントの必要性がでてくるのです。
ジュース: 1つの方法としては生野菜とフルーツのジュースをジューサーで手作りすることです。 
これは、密封容器に入れ冷蔵庫で2-3日保存することができます。
生野菜とフルーツのジュースはビタミン、ミネラルと他の栄養素が豊富です。
市販のものは高温殺菌されており栄養素が破壊されています。
生ジュースは野菜や果物をあまり食べない子供に簡単に栄養素を摂取させる良い方法です。
お勧めの野菜はキャベツ、ほうれん草、にんじん、ブロッコリー、パセリ、オレガノです。
おいしくするためにそれらに果物を混ぜます。
有機野菜ならなお良いです。

サプリメント: ビタミン・ミネラルのサプリメントは無規制です。
正しくない表示のものがあったあり、吸収しにくい成分のものもあります。
ほとんどのサプリメントが全ての必須ビタミン、ミネラルを含んでいるわけではありません。
含んでいてもその量が十分ではありません。
もし乳製品を避ける食事をしているのなら特にカルシウムサプリメントは大切です。
鉄分のサプリメントも重要なこともありますが、検査してから摂取しましょう。
なぜなら鉄分の採りすぎは他の問題を引き起こす原因になりかねません。
一般的に栄養サプリメントは不足がちな栄養補給のよい方法です。

検査方法

ほとんどのビタミンとミネラルのレベルは血液検査で調べることができます。

カルシウムは尿検査で調べるのが良い方法です。

適応量

検査で最良のレベルを見付けるのが良いでしょう。
少ない量から始めましょう。
鉄分は検査の結果必要と判断されたら加えましょう。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ