ホームサイトマップRSSお問い合わせ

ビタミンB6とマグネシウムの高摂取

発達障害者にビタミンB6とマグネシウムを多量に摂取させる研究が20以上行われました。
そのうちの12がダブルブラインド、プラシーボコントロールされたもので、発達障害に関する最も多くの研究となっています。
ほとんどの研究で45-50%の子供と大人の発達障害者がビタミンB6とマグネシウムの高摂取による好影響を受けた。
ビタミンB6は100以上の酵素反応に必要であり、神経伝達物質(セロトニン、ドーパミンなど)とデトックスに必要なグルタチオンの生成に必要です。
マグネシウムは、ビタミンB6だけ摂取した場合に起こりうる多動の可能性を防ぐのに使われます。
ほとんどの研究で使われた摂取量は8-15mg/poundのB6(最高1000mg)
一つの研究だけ少ない摂取量で試されました。1.3mg/pound そして好影響がでませんでした。
摂取量の研究により少なくとも3mgが必要です。 ほとんどの場合6mgで十分でした。
なぜビタミンB6とマグネシウムの高摂取が発達障害の子供と大人に好影響を与えるのかは、はっきりしません。
仮説としては

1)発達障害者はビタミンB6を有効な形に変化させる能力が不足している。
2)発達障害者には多くのB6を必要とする主要神経伝達物質を作る酵素が足りていません。

対策: 個人差はあるものの Dr. Bernard Rimland によるとB6、 8 mg/pound (最高1000 mg) とその半分のマグネシウムを摂取しましょう。

検査方法: 神経伝達物質のレベルの低さを測ることが有効かもしれませんが、どんな人がB6とマグネシウムの摂取で利益を得るかの有効なテストはありません。
一番良い方法は2ヶ月試してみることです。
1mg/poundからゆっくり8mgまで増やし、その半分のマグネシウムを摂取しましょう。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ