ホームサイトマップRSSお問い合わせ

消化酵素

私たちの体は食物を吸収しやすくするための多数の消化酵素を生産します。
異なる種類のプロテイン、炭水化物そして脂肪には異なるタイプの消化酵素が必要です。
発達障害児にはある種の消化酵素が不足していたり、働きが正常でないことがあります。
酵素の問題は腸に問題がある子供に多いです。(慢性便秘、下痢)
消化酵素のひとつDPP4は微量の水銀や有機燐化合物(農薬)を含む微量の毒素で簡単に働かなくなります。
DPP4はカゼインに含まれるペプチドなどを消化するのに必要です。

対策: 毎食時に消化酵素を摂取しましょう。
できるだけ完璧な酵素を使いましょう。
プロテインにはタンパク質分解酵素、脂肪にはリパーゼ、炭水化物にはジサッカリダーゼが必要です。

消化酵素を摂取したからといって食事に気をつけなくて良いわけではありません。
もし子供が小麦や乳製品の消化問題を抱えていれば、それらを避けるのが良い方法で、消化酵素は知らずに食べてしまったときの用心に使うべきです。
時としてデトックス療法の間、水銀などの毒素が細胞から排出され胆汁により除かれます。
しかし小腸でそれらの毒素(水銀)は糖分を分解するのに必要な消化酵素と結合し、不活性化させることがあり、デトックスを始めてから消化酵素が必要になることがあります。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ