ホームサイトマップRSSお問い合わせ

発達障害全般

発達障害を治すのは簡単なことではありません。 
それは長い道のりです。
どうしても治すという強い意志と延々と続ける忍耐が必要です。
ここに挙げた方法の一つ一つは小さな変化しか起こさないかもしれません。
しかしその小さな変化の積み重ねがニューロフィードバックと併用することで、大きな変化をもたらします。
それぞれの方法は科学的に証明されたものではありません。
しかし臨床的に多くの人が恩恵を受け、良くなった方法ばかりです。

甲状腺用のサプリメント

人口の約 5-10% の人が甲状腺障害を持ち、サプリメントが必要です。 
そしておそらく発達障害者ではそのパーセントがさらに高いと思われます。
ヨウ素不足による甲状腺機能障害が世界中の精神遅滞の主な原因です。

硫酸塩

硫酸塩は解毒や腸機能の正常化やホルモンの製造などの多くの身体機能に必要です。
自閉症児には腸内での吸収問題や、腎機能の低下などいろいろな問題で硫酸塩が不足していることがあります。

グルタチオン療法

有毒金属などの毒素から体を守るのに必要なグルタチオンが発達障害の子供には不足していることが多いです。

キレート療法: 有毒金属の排除

多くの発達障害児はグルタミンレベルが低く、有効に働いていません。
グルタミンは水銀、有毒金属、有毒化学物質に対する体の主防御なので、そのレベルの低さは犯されやすさをしめします。

体に必要な栄養素について復習しましょう

私たちの体には3大栄養素と言われる、炭水化物、脂肪、タンパク質とビタミン、ミネラル、微量成分、食物繊維が必要です。
3大栄養素には、糖質、脂質、魚油、植物油、タンパク質、コラーゲンが含まれます。

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ