ホームサイトマップRSSお問い合わせ

発達障害全般

発達障害を治すのは簡単なことではありません。 
それは長い道のりです。
どうしても治すという強い意志と延々と続ける忍耐が必要です。
ここに挙げた方法の一つ一つは小さな変化しか起こさないかもしれません。
しかしその小さな変化の積み重ねがニューロフィードバックと併用することで、大きな変化をもたらします。
それぞれの方法は科学的に証明されたものではありません。
しかし臨床的に多くの人が恩恵を受け、良くなった方法ばかりです。

ヘルメットの激突の結果

プロフットボールでのヘルメットとヘルメットをぶつける事が脳にダメージを与えているようです。 ナショナル・フットボールリーグの新しい研究によると、フットボールをしていた人のアルツハイマーやその他の記憶に関連する病気への罹患率は30歳から49歳までの世代で19倍、50歳を超えると5倍であることが分かりました。

USP認定マーク

アメリカでもサプリメントに関する規制がほとんどなく、多くの製品の信頼性は疑問視されています。
そこで役立つのはUSPの認定マークです。

十代の治療してないADDとインターネット中毒と自殺

ADDかうつ病であることは思春期の生活の質に大きな影響を与えます。
それは彼らを自殺へと駆り立てやすくします。
この悲しい発見は23人の思春期の男女の自殺未遂者を調べた結果です。

暴力の原因の秘密

ハロウィーンの季節です。 子供たちはこの夜以降何週間も多量の砂糖菓子を食べ続けます。
子供が甘いものを食べた後暴れまわることに気づく親は大勢いると思います。

ハロウィーンだけではなく普段から子供にどれだけ甘いものを食べることを許すかを考え直さねばならない理由がここにあります。

アメリカで発達障害とニューロフィードバックについての研究が行われています。

現在(2010/10/08)アメリカのThe National Institute of Mental Health が初めてスポンサーとなり36人の被験者に対し、ニューロフィードバックの研究が行われており、その結果は10月26日のthe American Academy of Child and Adolescent Psychiatryで発表されます。

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ