ホームサイトマップRSSお問い合わせ

アスペルガー症候群のための漢方薬

アスペルガー症候群の治療に漢方薬というのは意外に思えるかもしれません。
しかし漢方薬は副作用が少なく、経験則に基づき処方されます。
例えアスペルガー症候群そのものに効果がなくとも、それにより引き起こされる様々な問題に、
良い作用をもたらす可能性は高く、信頼のおける漢方医に相談されるのも一つの方法です。
以下に効果的と思える漢方薬をリストアップしてみました。

落ち着かせるため
柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

攻撃性を抑えるため
抑肝散(よくかんさん)
甘麦大そう湯(かんばくたいそうとう)
抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

おなかの調子を整えるため
桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)
小建中湯(しょうけんちゅうとう)
大建中湯(だいけんちゅうとう)

その他の体を整えるため
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
加味逍遥散(かみしょうようさん)
半夏白じゅつ天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

その他補給として
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
六君子湯(りっくんしとう)
十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

フラッシュバックの治療薬として
桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)+四物湯(しもつとう)

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ