ホームサイトマップRSSお問い合わせ

アスペルガー症候群の歴史

レオ・カナーが自閉症についての発表をした1年後の1944年オーストリア、
ウィーンの小児科医ハンス・アスペルガーが、「小児期の自閉的精神病質」
と題した論文を発表したことに端を発します。
アスペルガーの報告した子どもたちは「典型的な自閉症」と多くの類似点がありましたが、
言語によるコミュニケーション能力や知的能力が高いことが特徴的でした。
カナーとアスペルガーの交流は無かったとされています。

アスペルガーの死後、1981年、イギリスの児童精神科医、ローナ・ウィングがこの報告と一致する例を
「アスペルガー症候群」と名付けた論文を発表し、再評価される事になります。
ウイングの意図はアスペルガー症候群も広義の自閉症に含めることで、自閉症に特化したサービスを受ける範囲を拡大しようという点にあり、アスペルガー症候群の独立性を強調することではありませんでした。

ウイングの再評価したアスペルガー症候群の概念はイギリスを中心に急速に広まっていきましたが、知能が比較的高い例がアスペルガー症候群と診断されることが多いこともあって、実質的には「知的障害がない自閉症」と同義でアスペルガー症候群の用語が用いられることが増えていきました。
高機能自閉症とアスペルガー症候群を厳密に区別すべきとの意見も一部にありますが、少なくとも臨床的には高機能自閉症とアスペルガー症候群を厳密に区別する必要はありません。

2006年はハンス・アスペルガーの生誕100周年、ローナ・ウイングの論文発表25周年にあたり、
それを記念して「国際アスペルガー年」として、世界各国で講演やイベントが行われました。
国際アスペルガー年の制定は成人したアスペルガー症候群の方たちによって考えられたものです。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ