ホームサイトマップRSSお問い合わせ

アスペルガー症候群

一見普通に見えて頭も良いのに、彼らが空気を読めないのは、
妙に腹立たしいことを言ったりするのは、彼らの病状です。
彼らのせいではありません。

アスペルガー症候群の概要

アスペルガー症候群の人には、基本的に言葉の遅れはありません。
しかしコミュニケーションが上手にできず、友達付き合いは苦手です。
パターン化した行動、興味、関心のかたよりが見られます。
不器用(言語発達に比べて)なことが多いです。
自分のことばかり話し、指摘されないと止まらないことがよくあります。
周りから自分勝手、わがままとよく言われます。
好きなことにはとても秀でていて感心されます。

アスペルガー症候群の歴史

レオ・カナーが自閉症についての発表をした1年後の1944年オーストリア、
ウィーンの小児科医ハンス・アスペルガーが、「小児期の自閉的精神病質」
と題した論文を発表したことに端を発します。
アスペルガーの報告した子どもたちは「典型的な自閉症」と多くの類似点がありましたが、
言語によるコミュニケーション能力や知的能力が高いことが特徴的でした。
カナーとアスペルガーの交流は無かったとされています。

アスペルガー症候群自己診断テスト(アメリカ精神医学会の診断基準DCM-IV)

アメリカ精神医学会の診断基準DCM-IVに基づいたアスペルガー症候群の自己診断テストです

アスペルガー症候群の具体的な特徴

アスペルガー症候群の方によく見られる特徴をまとめました。

アスペルガー症候群自己診断テスト(ギルバーグの診断基準)

ギルバーグの診断基準に基づいたアスペルガー症候群の自己診断テストです

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ