ホームサイトマップRSSお問い合わせ

アスペルガー症候群の概要

アスペルガー症候群の人には、基本的に言葉の遅れはありません。
しかしコミュニケーションが上手にできず、友達付き合いは苦手です。
パターン化した行動、興味、関心のかたよりが見られます。
不器用(言語発達に比べて)なことが多いです。
自分のことばかり話し、指摘されないと止まらないことがよくあります。
周りから自分勝手、わがままとよく言われます。
好きなことにはとても秀でていて感心されます。

(高機能自閉症やアスペルガー症候群は「高機能広汎性発達障害」とも言われ知的障害は伴いません。(言語能力は正常)しかし、学習障害(LD)注意欠陥・多動性障害(ADHD)などを伴うことが多く、認知度も現在では低いため誤解を受けやいと言われます。)

アスペルガー症候群の人の脳トレーニングは、自閉症と同じ部分もあるのですが、アルファ波トレーニングが良いかもしれません。
アルファ波は観察者状態を示します。
何かをやっているときには高まりません。
考えても行動してもだめです。
観察しているときに高まります。
心のアイドリング状態を示します。
そのような状態がアスペルガーの人には必要なのかもしれません。

家庭で気をつけることとしては、
叱ることが多くなりがちで、褒めることが足りなくなりがちです。
否定的にならずに褒めることを増やしましょう。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ