ホームサイトマップRSSお問い合わせ

自閉症の歴史

自閉症の病状そのものは古くから存在していたのですが、それが認識されたのは1943年です。
アメリカの児童精神科医のレオ・カナーが早期幼児自閉症として報告したのが最初です。
カナーは、「聡明な容貌・常同行動・高い記憶力・機械操作の愛好」などの特異な症状をもつ子供の11例を報告しました。
そして統合失調症の症状の状態を表す「自閉」と名付けました。
これが医学上の自閉症の歴史の始まりになります。
カナーは、自閉症の原因は後天的なもので、親の愛情不足による心因性の症状と考えました。
そして自閉症児の母親を「冷蔵庫マザー」と呼び、愛情を持って育てれば治ると考えていました。 
その後、冷蔵庫マザー理論を広めたのは、シカゴ大学教授で子供の発達を専攻するブルーノ・ベッテルハイムです。
1950年代から60年代に自身の論文で自閉症は親の愛情不足であると主張しました。
自閉症児の母親たちは「冷蔵庫マザー」のレッテルを貼られ、社会的な非難、自責の念、罪悪感に悩まされました。
悲しいことに、現代でもこの間違った解釈が少なからず社会に根付いています。
「冷蔵庫マザー」は、日本ではあまりなじみのない言葉ですが、母原病の本と相まって、未だに自閉症は母原病であると主張する医師もいます。

70年代になり自閉症は先天性の脳障害であると、イギリスの医師、マイケル・ラター等により発表されました。
「自閉症は、脳の発達障害による、特異な言語障害と認知能力の障害のため、人との関係ができにくく、強いこだわりや常同行動が出たり、等の特異な症状を示します。」と考えられています。
自閉症の原因は、諸説あり確定できていません。

日本では70~80年代に、児童教育の専門家2名により「テレビの見過ぎが自閉症の原因」との説が展開され、環境原因説が横行しました。 
その結果、自閉症は親の責任との認識がさらに世間に広まりました。
さらに驚くべきは、その本が現在でも訂正されることもなく、様々な人に読まれています。

自閉症の歴史はわずか半世紀です。 
日本では更に歴史は浅く、自閉症は重度の引きこもり、親の虐待、愛情不足により発症、本人の努力で治る病気等々誤った認識が今なお続いています。
2005年に発達障害者支援法が施行されましたが、現状は厳しく、受け入れてくれる学校や施設がとても少ない状況です。
正しい認識を多くの人が持つ事が大切です。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ