ホームサイトマップRSSお問い合わせ

TEACCH(ティーチ)プログラム

TEACCH(ティーチ)とは何でしょう?

それはTreatment and Education of Autistic and related Communication related handicapped Childrenの略です。
アメリカのノースカロライナ州立大学を基盤にする自閉症の人、その家族、関係者、自閉症の支援者を目指す専門家を対象とする包括的プログラムです。
以下TEACCHについて少しご説明しましょう。

TEACCHの理念

  1. 理論ではなく子供の観察から自閉症の特性を理解  直接自閉症の子供や家族とふれあう中で子供の行動を理解することが大切です。
  2. 保護者と専門家の協力が大切  専門家が提供できるものと保護者のニーズの一致が必要です。
  3. 治癒ではなく、子供が自分らしく地域の中で生きていけることがゴール  TEACCHの目的は自閉症の治癒ではなく、子供が地域の一員としてできるだけ自立して生活できるようにすることが目的です。
  4. 正確なアセスメントが大切  自閉症は個人差が大きく、個別な対策をするためにアセスメントが必要です。
  5. 構造化された指導法を利用  構造化とは個々の自閉症特性を理解し、その子供が理解しやすい環境を整えることです。
  6. 認知理論と行動理論を重視  自閉症の認知特性と実際の子供の行動特性を把握し、支援の方法を考えます。
  7. スキルを伸ばすと同時に弱点を受け入れる 現在ある能力に重点を置き、達成可能なレベルに課題設定をします。
  8. ホリスティック(全体的)な見方を重視  スペシャリストとしてではなくジェネラリストとして支援を重視します。
  9. 生涯にわたるコミュニティーに基礎を置いたサービス  自閉症は生涯にわたる障害なので、支援も生涯にわたる必要があるという前提にたっています。

ページ上部へ戻る

お勧め図書のご案内

Neurofeedback Japan

管理者情報

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
電話: 042-427-7078
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

お問い合わせ